2007年12月23日

マルコ君 かわいい☆

1DSCF7620.jpg

1DSCF7623.jpg

1DSCF7641.jpg

1DSCF7649.jpg


かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい

〜里親K様より ご報告の抜粋〜  

最近のコッカー君(マルコ)の写真を撮ったので
添付しますね。
なんだかこたつが大好きで
隙あらばもぐっててかわいいです。
お尻だけ出してて、なんなんでしょう。

かなり寒がりみたいなので
雨の日用にレインコートを買ったのですが
嫌がらずに着てくれました。
今まで大型犬だったので
こういうレインコートとは縁がなかったのですが
かわいいものですね。

お座り、待てまではしっかりできます。
ふせはまだですね。
お手からやってるのですが
なんだか、ものっすごくおそるおそるお手をするのが
かなり不思議です。
わかってるんだけど、やりたくないなー
しょうがないなー
っていう感じでお手をします。
でもまあ、基本的によく言うことを聞く子なので
出来る範囲でいっか、って言ってます。

あと、ベランダから外を覗くのが大好きです。
大人しく、じっと見てます。
我々が1階に下りると、慌てて付いてくるので
まだ、一人で悠々自適まではいきませんが
そのうち、暇つぶしを楽しむようになるのではないでしょうか。

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいいかわいい



ニックネーム 江戸川・白猫 at 08:49| Comment(2) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

おめでとう♪

コッカー君、正式にS様宅のワンちゃんになりました虹
E子様の優しさと、S様ファミリー皆様のお心により
コッカー君は本当の幸せにたどりつくことができました。
本当に本当にありがとうございます顔(泣)

お名前は、「マルコ」君になりました。
羽根布団の中でお母様と一緒に寝るのが大好きだそうです。
ごはんもペロリ。いっぱい食べてます。
S様は以前に30キロのシベリアンハスキーを飼ってらっしゃいました。
マルコ君の体重はその半分。
「抱っこができる〜」とお母様は喜んでおられました♪
お散歩中は、他のワンちゃんたちにとても友好的。
小さな人間のお子様にも、優しく接することができる友好的な良い子だそうです。
お母様からそのお話しをきいて、マルコ君はS様宅で心から安心をしたんだなぁ〜と実感しました。

コッカースパニエル保護において、ブログご訪問の皆様、ボランティアの方々、家族や親戚には、
ハラハラドキドキさせてしまいましたね。
皆様のあたたかい気持ちに支えられ、コッカースパニエル君は幸せになりました。




「あ〜これにて、一件落着〜かわいい





明日からは、猫に専念しまっす!



ニックネーム 江戸川・白猫 at 22:14| Comment(10) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

コッカー君☆トライアルスタート!

7IMGP7744.jpg
一週間のトライアルがスタート!
暖かいお家に行けるよ。やっとぐっすり眠れるね。

7IMGP78021.JPG
緊急レスキューのコッカー君に救いの手を差し伸べてくださいました。

7IMGP78051.JPG
K様ファミリーの優しい気持ちにに感謝!!
幸せへの第一歩を踏み出すことができました。
本当にありがとうございます猫(足)ぴかぴか(新しい)晴れひらめき王冠





ニックネーム 江戸川・白猫 at 07:58| Comment(9) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

里親会開催

千葉県我孫子市役所駐車場
12時〜15時
犬猫里親会

皆様のご来場をおまちしております。
会場はとても寒いので、あたたかいお召し物でお越し下さい。

ニックネーム 江戸川・白猫 at 07:32| Comment(2) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

コッカー君と命名。

ニックネームは「コッカー君」

犬種 たぶんコッカースパニエル???
(犬初心者の為本当にわかりません。誰か教えて〜)

・おす
・体重16.5キロ
・去勢済み (ずいぶん前に手術されているかんじ。獣医判断)
・8種混合ワクチン
・耳洗浄済み
・シャンプー済み

・人間大好き
・室内飼育
 (残念ながら外飼育はできません。ずっとなきっぱなしになった)
・ウェットタイプご飯好き ドライフードは食べない
・お散歩中にトイレをしますが、室内の犬用トイレシーツでもします
・お留守番可能です。一匹で本当に静かにしています
・ゲージを利用し飼育されていたかんじがします(おそらくですが・・・)




ニックネーム 江戸川・白猫 at 12:46| Comment(9) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4日目の続き

夕方、トライアルの仔猫をお届けし、犬も猫もいない車内はからっぽ。私一人帰宅。
犬は我孫子市のSさん宅にいる。1時間後にはベテランKさんが我孫子市で犬をピックアップしてくれる。
私は一時帰宅したものの、夜にはKさん宅の土浦市へ飛ぶことになっている。
すっかり忘れていたロンパールームの保護猫達を世話をし、(そういえばこの日の保護猫達は朝晩2食しかたべてなかった。大吉福丸あんみつモナマービーゴメンよ)
夜8時、桜土浦インター出口にてやっとKさんと落ち合う。長い一日だね。
私はKさんが抱えている保護猫を受け取った。(Kさんは犬専門・私は猫専門)
我孫子市からピックアップされたコッカー君は、Kさんパジェロの一番後ろの荷物席にてゲージにはいっていた。
私の姿を見て、ばたばた喜んでいたのか?ただ暴れたのかはわからない。
もう夜で真っ暗だったから。
コッカー君に「いい里親先みつけるからね!」と告げ、車のドアを閉めた。

さぁ、これからが大変だ。一時保護先までたどりついたものの、
Kさん宅には、「さすけ」というコッカー君とおんなじような子がいるからだ。
さすけは体が大きく、オス、コッカーよりもまだぜんぜん若い。室内飼育されており、人間が大好きな甘えん坊。
里親会では、Kさんの姿が視界からなくなるとワンワンなきっぱなしになるジャンボベイビー。
この子と同じお部屋での飼育となるからだ。ベテランKさんの経験に頼るしかない。

トレードした猫は、コッカー君保護の初日からお世話になっているMさんの玄関先に捨てられた猫。
猫だったらなんでもまかしておくんなまし。

守屋パーキングでラーメンを食べて、帰宅。
預かり猫「メルちゃん」のゲージを組んで、ようやく一日が終わった。

5日目につづく











ニックネーム 江戸川・白猫 at 08:33| Comment(4) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

募集中

dIMGP7311.jpg

dIMGP7312.jpg

dIMGP7345.jpg

dIMGP7338.jpg
ニックネーム 江戸川・白猫 at 13:54| Comment(3) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4日目

日曜日朝。この日は午前中に犬に医療行為をし、午後おじのところへ犬を届けて終わるつもりだった。
里親会の代表Mさんへ、不参加の連絡をいれた。
私「今日の里親会は欠席します。疲れちゃって、おじに一週間あずける・・うんぬん・・・」(アライグマ処分のことは言わなかった)
M「おじさんはちゃんと飼えるの?・・・・・・ダメよ犬がどっかいっちゃうわよぉ。いいから連れてきなさい。誰か保護してくれるかもしれないから。我孫子に来なさい。」
ちゃちゃっと散歩を済ませ、車で動物病院へいった。
8種ワクチン、検便、耳洗浄を超特急でしてもらった。(通常、耳洗浄とワクチンは同時にはしないそうですが、ドクターに頼みました。)
その足でそのまま里親会場へ行きました。(保護猫は持っていけない)

会場での様子、犬は他のワンちゃんに喜び、めす犬に対しては大丈夫なかんじ。
犬のベテランスタッフにコッカーのリードを預けた。(里親会での仕事ができなくなってしまうので)
コッカーが始終スマイルでうれしそうにしていたせいもあり、
犬との共存OKかなぁ。と思えた。
ふいに7ヶ月位の若いオス(おとなしい子)がコッカーのおしりのにおいを嗅いだ瞬間、
コッカーが若いオスをギャンギャンけしかけてしまった。
噛んではいないが、会場は一瞬大騒ぎ。
猫ブースにいた私は、まさかコッカーが騒いでいるなど夢にも思わず。
ギャンギャンないたのは若いオスか?コッカーか?そんなのわからない。
コッカーは突然にガガ−ッと猟犬の血が出でしまうみたいだ。
その後、犬を車庫の鉄筋につないでおいたらとても静かにしていた。

しかし猫ブースのゲージに向かい大興奮。向かいたくてしょうがない。
リードをぐいぐいひっぱり、ああ、これが離れたらエンジェル達(猫達)が大変だ。おもちゃにされていまう。

スタッフの皆さんにコッカーの保護依頼をしたけど、皆さんのお宅はどうしても外飼育で犬は複数。
外飼育で一日中なきっぱなしになるのはMさん宅で保護初日に経験済み。
大きな体の犬を室内で保護できる方は、千葉茨城には少ない。
たいてい野犬や放浪犬を保護してるので、お庭で保護をすることが多いからだ。
東京のボランティアさんであれば、愛護センターからひっぱってきた小型犬や血統のいい犬を保護されるので、室内保護が主流。
私には頼れる都内のボランティアさんはいなかった。

Mさんから私の犬の話を聞いたKさんが、かかえている保護猫と引き換えに、コッカーを一時預かってくれると言ってくれた。
「はぁ〜。里親会に来てよかったよ〜(涙)。神様助かった。」
夜、コッカーをKさん宅土浦市へ届ける段取りとなったので、さあ、家に帰れる。
この時まで犬は餌をまる2日以上食べていない。犬のトイレタイムを取るのすっかり私は忘れている。

私は一度断ったが、Sさんがどうしてもお届けをしてほしいというので
キャリーケースに入った仔猫を前座席に、犬をいつものとおり後ろの座席に、リードを車内にくくりつけて、車で里親会場を出発した。
車がはしって1分後、前座席の猫にきづいた犬が興奮しはじめ、うしろからぐいぐい手足で前のめりはじめた。あちゃ〜
既に前座席のところに体がのりこんできて、犬は足まで乗せ掛けてきた。ヤバ、猫やられちゃうよ。このときの運転はもうフラフラ。
急遽車をわきに止め、猫ゲージと携帯電話をもってあわてて外へ出た。

電話「やっぱり猫むりだわ。今日お届けできないよ。」と伝えていたそのとき、
ガチャ
あれ?今、なんか音した?えっ。あれ?ロックかかってる〜どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)どんっ(衝撃)
車内にいた大喜びの犬の手がポチッとドアロックを押してしまった。

40分後。ドライビングサポートが到着し、ドアを20分かけてあけてくれた。
この間犬はのんびり車内ですごしていた。
可愛い顔したモンスターだね。お前はマシュマロマンのようだよ。もしくは「僕チャッピーいっしょに遊ぼう」
はぁ、お荷物。初心者の私には17キロの猟犬は正直無理なんだよね。
Sさんはトライアルの猫をどうしても届けてほしいと言う。
(一度断ることってやはり直感的に無理なこと。実際大変なことになってしまった。犬をつれて帰り、夜の土浦お届けにそなえ、一度我が家で安心させてやりたかった。これが本音だ。)
しかたなくSさんに犬を一時預け、トライアルの猫を届けた。
犬はSさん宅で、小学生の息子さんに見守られながら疲れてぐっすり寝てしまたようだ。この時までにコッカーは公共機関、ロンパールーム、Mさん宅、Sさん宅と4箇所まわされている。かわいそうだよね。
死ぬよかましか。

つづく





ニックネーム 江戸川・白猫 at 12:51| Comment(4) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コッカー君里親さん募集中 

dIMGP7311.jpg

dIMGP7312.jpg

dIMGP7345.jpg

dIMGP7338.jpg

dIMGP7360.jpg
廊下にありったけのものを敷き詰めた 

dIMGP7365.jpg
玄関はこんなかんじ 猫用のもので対応 犬製品がないのでベッド代わりに人間の羽枕 猫用電気毛布

dIMGP7358.jpg
居間の様子を伺うコッカー君 保護猫(エンジェル)たちよ大丈夫か?






※保護猫についての対応が現在できません。
もろもろの質問などは、12/9我孫子市役所里親会に直接お越し下さい。

ニックネーム 江戸川・白猫 at 07:52| Comment(0) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

3日目

3日目 (土曜日)

朝6時。昨夜からボールにいれたドライフードはそっくりそのまま残っている。
エンジェル達(保護猫)の世話をし、犬を散歩に連れていく。
うれしいんだろうね。部屋から外へ出る階段をダッシュで降りていく。そしてすぐにお向かいの小学校の塀のそばですわっておしっこ。
ティッシュにおしっこをしみこませ、ビニール袋に採取。
犬用トイレ(ペットシーツをはさむプラスチックのやつ)にそれをはさんでトイレ躾するために。

ワサワサダッシュ、右往左往。10分後またおしっこ。
そうだ、河川敷にいこう!と一瞬ひらめいたが、どんな犬かまだぜんぜんわからないので、自宅近辺だけにした。

小学校の周りを1週目。ダッシュ、ワサワサ、またおしっこ。
2週目にさしかかる角で突然ウンチ。下痢状態だった。
この日はビニール袋とティッシュを準備しておいたので始末できた。
検便用が採取できた。
2週目、散歩中の小さい犬(ポメラニアン?キャパリア?血統のかわいいやつ)に突然遭遇。
コッカーはうれしくて小さい犬の方向にぐいぐい。
近づき、ワサワサ。コッカーは踊ってるみたいに動く。
相手の仔犬は他の犬に慣れてるのか、つかず離れずの距離を維持。逃げてたのかな?
コッカーが何をするかわからなかったので、怖いので絶対にくっつけないように引っ張ってしのいだ。
小学校まわり+ワンブロックが3、4週目のコース。朝の6時台は犬の散歩が多いね。
6件ぐらいとすれ違ったり、見かけたり。自信がなかったので、他の犬から回避しながら散歩。

1週目2週目は走ったりワサワサで大変だったが、3週目4週目のころには、コッカーは突然に走ることはなくなった。ちょっと疲れたもよう。驚いたことに、散歩の40分の間におしっこを5回もしていた。
なんで一回で終わらないんだろう思った。
手袋をはずした時にきがついた。薬指が内出血して青くなっていた。

家に帰ってきて、会社のしたくをし、Mさんへ電話をした。
静かに寝たこと、ご飯を食べないことを報告。犬がク〜ク〜なきそうなるとハラハラすることも伝えた。
「リードから離して自由にしてみたら?」
よしっ!思い切ってやってみた。なんと、犬の状態はとてもよくなった。自由でいるほうがよっぽど安心している。な〜んだ、はじめからこうしておけばよかった。

夜に一言ワンと鳴いてしまったので、もう隠し通せない。父に犬を見せた。
正直に報告した。
父は「早く決めろよ。夜は鳴かせるなよ。」と言ってくれた。
アタイは少し、ほっとした。

ドアを全部しっかりしめたか確認してから出社。(猫の安全確保。)犬は廊下&玄関スペースで自由にしておいた。
昼休み。仔猫に餌をあげるため&犬が心配なので帰宅。玄関前にちゃっかりすわって待っていてくれているのかと思いきや、ドアをあけたらコッカーがいない。走ってコチラにくる様子もなし。え〜どっかいっちまったか?
犬は居間と廊下の間のドアの下に鼻先をくっつけてじ〜としている。
「あんた何してんの?」と呼ぶと、こっちにきた。
居間には、たくさんのエンジェルちゃん達が(保護猫)おります。
ドアのすりガラス部分から、猫達が動く影が見えたんでしょうね。
犬を廊下で自由にしてからというもの、ドアと床の隙間にず〜と鼻先をくっつけて動かずにいる。
相変わらず昼も餌を食べていない。

日中、ロンパールームに弟が犬の様子を見にいった。コッカーは人が現れるとうれしくなるので、ワサワサ。弟と一緒に一瞬廊下に入ってきた桃太郎(猫)の存在に興奮したのか、うれしくてドアをバンバンやってしまったようだ。弟は家が壊されるんじゃないかと心配してしまった。

日中、たまたま父が自宅に立ち寄った。母屋のエレベータであがってきた人間の存在に気づき、うれしくおもったのか、またドアをバンバンやってしまったようだ。

夕方、帰宅。用意しておいた犬用トイレにおしっこがしてあった。
えらい!!うれしいものですね。
な〜んだドアは壊れていない。
母が散歩の身支度をしてロンパールームにいた。夕方になってしびれをきらしたのか、ドアをバンバンやる度合いがひどくなってしまったため
心配になってきてくれた。母と一緒に散歩にでた。
夜のお散歩は朝と同じコースにした。
母は昔犬を飼っていたので、散歩のしかたを知っていた。短くリードを持って、犬がはしらないようにしていた。
犬はちゃんと歩いていた。なんだ、こうすればよかったのか。
散歩途中に、ハーネスとドライフードを購入。(散歩中、ぐいぐいひっぱるので喉がゲホゲホやったので。)
足をふきふきしてから家にいれる。ちゃんとおとなしく足をふかせてくれるいい子です。

散歩から帰宅後、母に犬と一緒に一時間廊下にいてもらった。私は洗濯物を取り入れ、洗濯機2回まわし、干し、掃除機をかけ保護猫達にご飯をあげた。
犬にふりまわされ、日常生活ができない状態だ。

夜。さぁ、アタイはお風呂にはいりたい。こないだと同じ戦法でダッシュで歯磨きお風呂を済ませた。
犬はおとなしくしていた。
私が犬の前から姿を消すとき(用事をするとき)の合図として、人先指を立てて、犬に向かって「待ってなさい!いい?おねえちゃまは歯みがきするから、待ってなさい!」とサインをしてから姿を消すことにした。
そうするとたいてい犬はワサワサ、ク〜ク〜言い出す。
もぉ〜、それやめてくれよ。とハラハラ。

父が「おじに頼んでみれば?」とひらめいた。おじは昔犬を飼っていたからだ。
おじ「え〜ど〜。けど一週間だけだど〜」
よかった!と一瞬道が開けたようにおもえたが、おじの今の環境は頼めるようなものではないことに後から気がついた。
おじさん、おばさん(母の姉)、お兄ちゃん(いとこ)お兄ちゃんの子(身障者男子2人)
子供の面倒はおばさんがやっている。おじさんとおにいちゃんは日中は仕事。
おじは数ヶ月前に胃を2/3手術で取りました。糖尿病もあります。以前の立派な体格のおじではなく、今はほんとにスリムな姿です。
昔はセントバーナードやボクサー、10年前まではアフガンハウンドがいた家でした。行き場のないアライグマを檻でかっていたことがありましたが、小学生の手を噛んでしまい残念ながら処分させられてしまいました。
小学生が勝手におじの敷地内に入ってこなければ、こんなことにはならなかったのに。しっかりした檻の中で飼育していたのに。おじの敷地内で保護していたのに。
あのアライグマは本当に可愛かったです。おさかなをバケツの中で両手で洗うんです。

夜。廊下に布団を敷いたら、コッカーは大喜びで羽根布団の上に行き、
踊るようにくねくね、楽しそうに動いていた。羽根布団の中にもぐる。出る。踊るでご機嫌。布団の中、私の両足の間で寝だした。
あんまり甘えさせてはいけないと考え、(おじの家では人のいない1階の玄関で寝ることになるだろう)、本格的に寝る時になってから犬をリードにつないだ。
おとなしくいつもの場所で朝まで寝ていた。









ニックネーム 江戸川・白猫 at 23:35| Comment(2) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月01日

僕のかわりになってくれる?

保護一日目(木曜日)

朝一番、公共機関から連絡あり。
「コッカースパニエルのおとなしい子なんですが・・・今日が3日目で・・・明日愛護センターなんです・・・うんぬん・・・ほえません。いい子です。」
私は犬を一度も飼ったことがありませんが、
ボランティア先輩宅で可愛いコッカースパニエルを見たことがあります。
あんな感じなんだろうな。と想像する。

昼休み、公共機関へ犬を下見に行く。
場所は寒いコンクリート駐車場。方向転換すら出来ない小さいゲージの中に犬がいました。人間がそばにいくと、尻尾をふりふりして大喜びでした。
私が想像していたよりも大きい犬だった。
職員さんが数回ほど、お散歩に連れ出してくれたそうです。
飼い主からの連絡はずっとなし。
我が家には犬製品がないので、
昼休みの残り時間に首輪とリードを買ってくる。
ボランティアのMさんに早速連絡をいれました。

夜、仕事後歩いて犬を取りに行く。
猫だったら車でちゃちゃっと運んできますが、犬ってたしか車酔いとかするんですよね? 暴れたら困るし。
おしっこがたまってるんじゃないかと考え、
公共機関から我が家まではお散歩しながらつれてきました。
犬はうれしくて突然走る。すぐにおしっこ。右往左往あっちゃこっちゃ。そんでもって走る走る。途中ウンチ。あたしは全身汗びっしょり。ウンチの始末する余裕すらなし。

到着。我が家は「猫の家」でございます。犬は初めて。
扉という扉を全部しめて(猫を隠して)、玄関からお風呂場へ犬を直行。
廊下のフローリングでコッカーはすべりまくっていた。
シャンプーは気持ちよさそう。じっと動かずおとなしくしていた。
中型犬だから大変だったけど、3回洗った。リンスもしたよ。
ドライヤーはいい気分の様子。
シャンプーは私がじゃかじゃか洗い、母がドライヤーをやってくれた。
ドライヤー中に大事な保護猫の世話ができたので、本当に助かった。
ありがたいことに犬はまったく吠えない。

夜9時。茨城県Mさん宅へ車で犬を預けにいく。
車の後ろの席でとってもいい子にしていた。車を知ってるのかな?
可愛い子なんだな。とわかった。

11時、私一人帰宅。




保護2日目 (金曜)

朝。Mさんに電話しました。外ではず〜と一晩中なきっぱなしなので、
室内で飼われていた犬であろうことが判明。
人間が大好きで、甘えん坊だそうです。今は情緒不安定なのでよけいに甘えているそうです。
お散歩もちゃんとされてきたのではないかとのこと。
あんなにあっちゃこっちゃされたけど、やる人によっては、ちゃんとしたお散歩が出来るんだわさ。やぱり犬ベテランはすごいね〜。
Mさんの保護犬たちとも仲良くしていた。あんまりしつこいと嫌がるそうですが共存可能な子らしい。

夜。Mさんのところでは保護がもう出来なかったので、犬を引き取りに行った。(これからどうするん?)
Mさんから犬についていろいろアドバイスをもらった。
首輪は、しっかりした首輪に付け替えられていた。私の名前がばっちり油性ペンで書かれていた。
お散歩しやすいようにと、短いリードもつけてくれた。
帰宅前にMさん宅近辺で散歩の仕方を教えてもらった。
「あなた、へっぴり腰じゃない。だめよ〜」
そうなんです。へっぴり腰です。人生で3度目の犬の散歩です。
車中では犬はぐっすり寝ていた。

帰宅後、さぁ、これからがスタート。「どうぞ一言も鳴きませんように。」
いろいろ考えた結果、一時しのぐ場所は玄関&廊下と決めた。リードをしっかりとめておけるのは玄関ドアのロック部分しかなかったので。
昼休みにいろんなものを床に敷き詰めておいたので、一応準備はOK。
母にはすべてを打ち明けていたが、父には内緒である。
ロンパールームは二世帯住宅仕様の子世帯部分。ロンパールーム下の階層は賃貸でお部屋を貸している"ペット不可の物件"
だから絶対に犬に一言でも鳴いてもらっては困る。既に夜の22時はすぎていた。
家主の娘、ちょっとやりすぎでないかい?
自分でそう思った。

廊下で犬と2人。犬はおなかを出して大喜び。しばらくすわりこんでいた。
しかし明日は仕事。あたしゃ、風呂はいって歯磨きしないといけんよ。
「お前はここにいなさい。」と言い、洗面所で歯磨きをしはじめた。
廊下からは歯磨きしている姿が見える場所。どうなるかなぁ〜とハラハラ。寝転んでいた犬はすっかり立ち上がりどこいくの?っちゅ〜感じにワサワサ。リードは玄関ロックにつないであるが、ぐいぐい。う〜、絶対に鳴かれては困る。こればかりは守ってもらわな。
(ワンワン鳴き始めたら、速攻マイカー中へ連れて行こうという段取り。そんでもって人気のないところに駐車し車内で寝る作戦。)
あちゃ〜吠えそうだよぉ。顔のオイルクレンジングをお湯で流すときは、犬の視界から私の姿が一瞬消えるんです。とりあえず片足だけあげて、廊下に見えるように伸ばして、大丈夫だよ〜ここにいるよ〜ってアピールした。
鳴きそうになったが、片足大作戦は大成功。しばらくおとなしくなっていたので、え〜い!鳴いてもいいや、風呂はいっちまえ〜。とでっかく出る。
入浴後、犬は静かに廊下で寝ていた。な〜んだ、やったもんがちか。
このまま寝ちゃおうもう1時すぎてる。猫のいる寝室でドアを閉めてペッドで寝ようと決め込んだやさき、
犬がくぅ〜くう〜みたいな感じで寂しがりだした。こりゃ〜鳴くかも?やばいっす〜。
あわてて廊下に布団をしき、そこであたいは寝ました。(車で寝るよかましだべさ)
朝まで犬は静かにぐっすり寝てました。この子は室内飼育されていた子だと実感してます。

つづく。


ニックネーム 江戸川・白猫 at 23:04| Comment(6) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

う〜たんさん、頼りにしております。

dIMGP7309.jpg

dIMGP7311.jpg

dIMGP7327.jpg

dIMGP7318.jpg

dIMGP7338.jpg

dIMGP7345.jpg

dIMGP7275.jpg
里親さん募集中!
とりあえず写真だけアップ。夜に文章アップします。
う〜たん様、本当に頼りにしております。

ニックネーム 江戸川・白猫 at 08:43| Comment(3) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

コッカーでぶスパニエル君

dIMGP7220.jpg
公共機関、本日収容期限最終日のコッカー。
ついに犬まで保護依頼があせあせ(飛び散る汗) 江戸川・白猫はじめてワンコに手を染める。 愛護センターには行かせない犬(怒) 

dIMGP7221.jpg
とりあえずシャンプーいい気分(温泉) あ〜気持ちよかいい気分(温泉) 
でぶスパニエル君のシャンプーは「猫」に換算すると5匹分の労力。
腰痛ぇ〜犬(足)

dIMGP7248.jpg
ドライヤー上機嫌わーい(嬉しい顔) 一言も吠えないおとなしい子。

dIMGP7261.jpg
3回シャンプーしても頭あたりが臭っかたのは、耳の中の汚れのせいか!? ロングヘアー猫用ゾイックシャンプー&リンス 

dIMGP7267.jpg
はい、出来上がり王冠 コッカーについての詳細は後日アップ。

「コッコ天使ちゃん」と「まるちゃん」の最新画像も後日アップします。
おたのしみにかわいい それでは本日はこれにて。おやすみなさい花火

ニックネーム 江戸川・白猫 at 00:53| Comment(4) | コッカー保護日記(卒犬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする