2008年12月10日

神様が里親さんになってくれました

ブログが止まってしまい、ご心配おかけしております。

レノについて(手術など)、いろんな気持ちがまとまりましたら
報告をさせていただきます。
カテゴリー「心室中隔欠損」はそれで最後の投稿にいたします。

皆様へのお礼もままならず、私の無礼をお許し下さい。
前向き、上向きで参りますので、
これからもロンパールームにお付き合い下さい。

ニックネーム 江戸川・白猫 at 12:50| Comment(6) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

会計報告

468,000円(皆様からのご寄付)
443,900円(医療代実費)
 24,100円(差額→不幸な犬猫の医療費にあてさせていただきます)

renoIMGP3741.jpg
9,450円 7/28 このとき心臓に穴が開いているのが発見された

renoIMGP3740.jpg
27,490円 9/1 日大初診 
 
renoIMGP3733.jpg
17,700円 9/12 麻布初診

3IMGP3752.jpg
8,750円 9/29 心臓薬代他 手術までの間毎日薬を飲んでいた

renoIMGP3735.jpg
5,540円 11/9 体重が2キロになったので助手の先生に診てもらう

renoIMGP3734.jpg
28,040円 11/16 ウィルスの為2日間入院 1.8キロに減ってしまった 

renoIMGP3739.jpg
321,930円 11/26〜29 体重2.25キロで手術を受ける

renoIMGP3740.jpg
25,000円  11/30 火葬
 
3IMGP3747.jpg
ロンパールーム通帳 H19/7に開設 赤線下がレノ治療費

3IMGP3748.jpg


〜応援御礼〜
皆様のお心を分けて頂き、本当にありがとうございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−
通帳分
【11/25】
10,000 I.ショウイチ様

【11/26】
10,000 S.アヤ様
10,000 S. カオリ様
20,000 H. エイサク様

【12/3】
30,000 T.ジョウジ様

−−−−−−−−−−−−−−

※手術については後日アップさせてください。すみません。

ニックネーム 江戸川・白猫 at 01:34| 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

帰宅

※心臓手術については後日報告します


renoIMGP3624.jpg
我が家に帰ってきたレノ 

renoIMGP3636.jpg
桃太郎がレノの箱の中でずっとすわっていました
そしてレノを舐めてあげていました 

renoIMGP3636.jpg
市川 回向院別院

renoIMGP3683.jpg
小さい頭 せいいっぱい成長したんだね 

renoIMGP3684.jpg
細い体の骨 

renoIMGP3696.jpg
レノ君、今度は元気な体をもっておいで 

ニックネーム 江戸川・白猫 at 23:42| 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手術当日 最後の面会

大変ご心配をおかけしております。
レノについて気持ちの整理は簡単にはつきませんが、
少しずつでもご報告いたします。

3IMG_7489.jpg
手術当日 朝7時 最後の面会

3IMG_7490.jpg
誰もいない待合室

3IMG_7498.jpg
2日前に病院入りし、とても緊張したであろう
家族が迎えにきて家に帰れると思ったろう ほっとしとても喜ぶレノ
体の右側の毛はすでに剃られていた 

3IMG_7494.jpg
知らない場所をきょろきょろ見回しながらも、
ゴロゴロ喉をならし安心してくつろぐ最後のとき
これが生きている最後の姿 




ニックネーム 江戸川・白猫 at 18:49| 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

レノ君

ご報告できず、皆様にはご心配おかけしております。
残念ながらレノ君は本日朝3時に病院で亡くなりました。
気持ちの整理がつきましたら、あらためてご報告致します。
江戸川・白猫




ニックネーム 江戸川・白猫 at 22:28| 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

楽しい時間

3IMGP3569.jpg

3IMGP3572.jpg

3IMGP3581.jpg

3IMGP3596.jpg

楽しい時間というのはあっという間に過ぎていく。
生まれてから今日まで6ヶ月という短い期間だか
レノにとってはよい人生であったろう。
この家でひなたぼっこをしながら平和に過ごす一日は、
今日で最後かもしれない。

三連休は両親が留守だったので、実家の居間におふとんを敷いて
私はレノのそばで寝ました。
今夜もこれから一緒に寝ます。

私は自分のことをとても幸せだと思ってます。だって人間ですから。
私にもたらされる幸せは、私一人のものではなく
不幸な動物の為にそそがれるものと考えてます。
人間だらかこそできる「助ける行為」を通じて
少しでも犬猫達がこの世の中で生きるチャンスを手にできればと
願っています。

レノ君よ私の幸せを半分あげるから
成功して手術から戻ってきておくれ。
残りの半分は他の保護猫さん達のものだから
みんなで仲良く半分ずっこだよ。

いよいよ明日、レノ君は病院入りします。


〜応援御礼〜
皆様のお心を分けて頂き、本当にありがとうございます。
個人の力ではとうてい成しえない救済活動に
ご賛同いただき、感謝と共にお礼申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−
通帳分
【11/17】
10,000 M.ユミコ様

【11/18】
10,000 U.セイコ様

【11/20】
50,000 K.ヒロミ様
 3,000 T.カヨコ様

【11/21】
10,000 K.フミエ様

−−−−−−−−−−−−−−
通帳以外
【11/13】
 3,000 M.ヒトミ様

【11/17】
7,000 S.ヨシエ様

【11/19】
10,000 Y.ノリコ様
−−−−−−−−−−−−−−















ニックネーム 江戸川・白猫 at 22:07| Comment(15) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

退院

レノ君、動物病院で2日間点滴入院し、今朝退院しました。

土曜日。仕事がおわってから超特急でレノを病院へ迎えにいきました。
気になることがあったのでメル(先住猫・6歳・避妊済み・ワクチン済み)も
一緒に連れて行きました。
レノはまだご飯を食べず、数回吐いたそうで、
もうすこし点滴処置をしてもらうことになりました。
レノと一緒に実家で生活しているメルが、
おとといから食べない・吐く・軽い下痢の症状になりました。

健常猫のメルがなるってことは、これはウィルスだ。
レノの今回のダメージは心臓からきたものではない。

今回の原因がやっとつかめました。
理由がわかれば大体の見通しがたちます。
昨夜はドクターに私が保護活動をしていることを伝え、
メルはインターフェロン注射と薬をもらい、
レノを病院へ託したまま帰宅しました。

ロンパールームには具合の悪い保護猫がしょっちゅういます。
ウィルスがレノとメルにうつってしまったんだと思います。

日曜日。今朝から回復のきざしが見え始めたので、
レノを自宅につれて帰ってきました。
今日は吐くことはなく、ご飯を少しですが食べ始めました。
担当である助手のM先生とお話できたので、安心しました。
手術日程はずらすことなく、予定通り実行します。

レノ君、体重が2キロから1.8キロに減ってしまった。
2ヶ月かけて増やした体重がたった4日で減るとは、
非常に残念だが仕方ない。
回復に向かいつつあるのだから、不安な思いは追いやって、
2週後の手術に向けてレノの体調整えていきます。

〜応援御礼〜
皆様のお心を分けて頂き、本当にありがとうございます。
個人の力ではとうてい成しえない救済活動に
ご賛同いただき、感謝と共にお礼申し上げます。

【11/12】
20,000 N.ヒロコ様
10,000 A.イクエ様

【11/13】
20,000 A.トモコ様
10,000 T.ナオミ様
200,000 S.トモエ様
5,000 S.エミ様

【11/14】
10,000 M.ユカコ様

【11/15】
10,000 N.キョウコ様






ニックネーム 江戸川・白猫 at 00:57| Comment(0) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

レノ君がんばれ☆ 手術まであと2週間

3IMGP2981.jpg
昨夜20時の様子 胃液や食べたものを3度吐き、食欲一切無し
強制給餌したa/d缶詰&仔猫ミルクのペーストも20分後に吐いた
水は自分から飲みにいくのでまだ大丈夫だろう

3IMGP2985.jpg
今朝午前9時半の様子 
元気なように見えますが、この2日間ごはんを食べてない。
ガリガリなので自宅での様子見には限界を感じ、
朝9時に日大へ連絡した。
執刀医U先生と助手のM先生は日大で大手術の真っ最中でしたが
30分後に係りの方から電話でレノをどうするか指示がきました。
助手のM先生が勤務している動物病院の院長先生が
レノを一時処置してくださる段取りとなりました。
しかし私には仕事があるので、ぐすぐすはしていられません。
レノを動物病院の受付へ託したら、すぐに帰路に向かい頭を切り替えました。

「我が家では十分な栄養をレノの体に届けられない。
もうプロの手に渡ったのだから、私がすべきことは自分の仕事を一生懸命にするだけだ。」

夕方5時頃、動物病院から連絡があったと母から電話がきた。

お腹にガスがたまっていたのが原因だそうで、
ガスをとる処置と点滴をしてもらっています。
ガスが消えるまで時間がかかるとのこと、レノは入院となりました。
心臓が原因ではないので、それはそれでほっとしました。

おならプーダッシュ(走り出すさま) ガスよででしまえ〜むかっ(怒り)

明日の夜に退院予定です。
さて、ご飯たべてくれるかなぁ〜







ニックネーム 江戸川・白猫 at 01:02| Comment(4) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

いよいよ

レノ君、ようやく体重が2キロになりました。
日曜日は里親会を欠席し、レノ君を江戸川区内の動物病院へ
連れて行きました。(ここには日大U先生の助手であるM先生がいます)
超音波や心電図などいつもの検査を受けました。
心臓の大きさが8センチ位、穴が5.8ミリ、ある数値が2ヶ月前よりも
異常に上がっていました。
レノの体重はこれ以上増えないし、心臓の形が変わる前にやるしかない。
手術をするなら今だ。もうのんびりはしてられない。

今レノ君は生後6ヶ月位ですが、あと半年もすれば苦しい症状が
目に見えて現れてきます。心臓は限界に達し、肺と血管がやられ、
死に向かうだけの苦しい日々。
手術を受けずこのままであれば、命は死へ下降線をたどるだけで
1歳過ぎの頃には窒息死です。
今なら手術を受けることができるし、
成功すれば何年も生きる可能性があります。
5年前からはじまった心臓手術(難手術)なので、過去の症例数がとても少ないのが現状ですが、うまくいけばレノ君は3匹目の成功例となります。

レノの体が手術に耐え切れなければ、半年分の命を縮めることになりますが、
麻酔をしたままの状態なので苦しいことなく天国へいけます。

手術を受けず自然な姿で生きる人(猫)生の最後は、苦しみの末の安楽死。
つまり半年後以降の生存率は0%
それだったら、リスクを抱えてでも生きる可能性がある道を私は選びました。
本日、日大から自宅に連絡がありました。

11月26日(水)日大にレノ君をつれていく
11月28日(金)手術

先生の腕にレノの命を託すことにしました。
最先端の現代医療にかけてみます。


〜保護猫レノ君手術費用ご協力をお願い致します〜

郵便局 口座 ロンパールーム
      記号 10070 番号 28625551


たまたま生まれつき難病である子を助けてしまいましたが、私が助けていく猫はレノだけではないので、一匹にすべてを注ぎこんでしまうと次なる子を救えなくなってしまいます。どうぞ皆様からの応援をよろしくお願い致します。





















ニックネーム 江戸川・白猫 at 00:37| Comment(11) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

レノ君と雨

1IMGP7786.jpg
我が家の大事な坊ちゃん レノ君

1IMGP7795.jpg
時よ止まれ

1IMGP7774.jpg
お前はあまりにも美しい (byダンテ)

1IMGP7809.jpg
がんばれレノ君

1IMGP7738.jpg
曇り空を見上げる坊ちゃん

1IMGP7840.jpg
あれよという間に雨が降り出す

1IMGP7833.jpg

1IMGP7853.jpg


1IMGP7858.jpg
明日は晴れるかな?

ニックネーム 江戸川・白猫 at 23:41| Comment(4) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

体重 1.8キロ

1IMG_7295.jpg
土曜日 市川動物病院 左・レノ 右・ファーファ

1IMG_7292.jpg
院長、心臓音を聞く 

1IMG_7300.jpg
次回の診療は一ヵ月後 28日分の薬でました

なかなか体重が増えないレノ君です。
現在1.8キロ。2キロまでちゃんと成長するのか?
毎日3回、ご飯しっかり食べてるんだけどね〜

手術すらできなかったら、どうすんべか???
今日からa/d缶詰に切り替えます猫

ファーファはお耳の汚れ具合が早いので、ついでに診て貰いました。
なんでもありませんでした。


ニックネーム 江戸川・白猫 at 21:28| Comment(0) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月13日

大学病院

1IMG_7236.jpg
12日(金)麻布大学病院 江戸川区から車で2時間 

1IMG_7239.jpg
ガラス張りの明るい建物 

1IMG_7238.jpg
待合室 テレビありました 丸いテーブルは問診表を書くところ

1IMG_7240.jpg
受付&会計カウンター

1IMG_7249.jpg
診察室は1Fにはざっと数えて8部屋ありました

1IMG_7242.jpg
レノ君と母 
しまった!おんぼろタオルを持ってきてしまった顔(泣)

日本獣医循環器学会学長(W先生)に会ってきました。とても丁寧に説明してくださいました。
ドクターが患者と同じレベルになってお話して下さったのを、帰路の車内で気がつきました。
母も私も病院内では緊張していたようで、いろんな余裕なかったです。
日本で心臓手術ができるのは現在4名。
世界では最先端レベルで、海外から患者さんが運ばれてきます。
(循環器トップのW先生に、どこに誰がいるかなんて聞けませんでした)
先日伺った日大U先生は心臓手術ができる4名のうちの一人で、
W先生の教え子でした(麻布卒)
な〜んだ、知り合いだったのか。

麻布W先生
・手術は3キロになってから 体重2キロではリスクが高いので手術はしない
・3キロになるまで内科治療(心臓を楽にする薬を毎日飲ませる)
・猫・中隔欠損手術の手術実績は日大U先生よりも少ない
・麻布大学には、手術せず薬でもたせて7年間生きてる中隔欠損の子がいる(研究猫さんだ思う)
・レノの心臓穴は6ミリ(先週のU先生診察よりも数ミリ大きくなってた。進行したか?) 
・右心室と左心室の圧力数値が既に正常ではなくなっている
・心臓肥大が進行している
・正常な心臓が50パーセントの大きさなら、レノは90パーセントの大きさ 
・どうにか3キロまで体重がいったとしても、手術ができるかどうかはレノの状態による(成長すればするほど心臓の状態は悪くなっていく)
・穴が大きいので、パッチを心臓に貼り付け縫合するという難手術、手術時間は10時間
・心臓手術費用は50万円
・日大U先生(2キロで手術してもらえる・過去症例数あり)に手術をお願いするのなら、W先生が直接U先生に電話して下さる
・本日の治療費1万8千円弱(レントゲン超音波血液検査など)

W先生の猫における心室中隔欠損の症例数はU先生よりも少ない。
これをW先生から聞いた瞬間、神の手にすがるほのかな希望は打ち砕かれたのだが、これが現実だ。
難手術で術中に死んでしまうことが十分、十分あるとおっしゃってました。

つきつめて考えると、レノがどういう死にかたをするかということになる。
@手術中、もたずに死ぬか
A手術が成功し楽な生活ができ寿命がのびるか
B手術せず、肺に水がたまって心不全で死ぬか

Bがレノにとっては一番自然な生き方なんだと思います。
むりに体を開けてリスクの高い手術なんかせず、生まれたままの姿でこのまま生きる。(心臓穴は生まれつきですから)

飼い主としては
・レノの苦しくなっていく姿をみている人間がもつかどうか
・症例数は極少だが日本にいてトップクラスの医療を受けるチャンスがある

レノとしては
・僕は桃太郎おにいちゃんと一緒にいればいいよ〜
・しゅじゅつ???なにそれ〜? 

体重2キロくらいになったときのレノの状態により、判断しようと思います。
W先生の指示で、毎週一回江戸川区の市川動物病院院長がレノの心臓音を聞いてくれます。薬も市川動物病院でもらえます。

W先生とU先生が合同で手術してくれればいいのに。
と、翌日になって少し気持ちが落ち着いたせいか、そんなカンガエが浮かんできた。
正直なところ、レノは3キロになるまでは生きれないと思います。
今年3ヶ月と来年は、レノ君で終わってしまう年になりそうです。
(余談ですが、猫腎臓移植手術は120万円位だそうです)

















ニックネーム 江戸川・白猫 at 07:23| Comment(3) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

レノ君生後4ヶ月 心臓の動き【動画】

1IMGP6652.jpg
日曜日の午後  左・桃太郎 右・レノ(心室中隔欠損)

1IMGP6656.jpg
左・桃太郎チラ見 

1IMGP6660.jpg
レノはおにいちゃんが大好き〜 いつもべったり甘えています

1IMGP6673.jpg
窓辺のレノ君 桃太郎にいちゃんの真似をして

1IMGP6675.jpg
僕はまいにちが日曜日

体が大きくなるにつれて、呼吸が大きくなってきました。
手でレノの心臓を触ると、どくどくどくどくと非常に早い速度で動いてるのがダイレクトに伝わってきます。
寝ている呼吸ですら、鼻息が荒いです。
(体重1.5キロ前までは普通の呼吸でした。現在1.8キロ)

先天性心室中隔欠損(しんしつちゅうかくけっそん)
5ミリ穴 
1.5倍に肥大している

関東には3つ動物の大学病院があるそうです。
日本 麻布 東京
いづれの大学病院も診療所からの紹介状がないと行けません。
素人の私には全くわかりませんが、それぞれの大学には特徴があるそうです。
何々が強い大学、何々が得意な大学・・・
日頃通院している先生のつてにより、行き先(紹介される大学)が決まります。
先週は日大へ行きました。難病で症例数が少ない為、実際の手術実績が3〜4件と少ないのが心配でした。
しかしテレビで心室中隔欠損を助けた執刀医として放送された名医です。
http://garni108.blog63.fc2.com/blog-entry-83.html

来週の金曜日は麻布大学に行きます。
日本トップクラスの名医(日本獣医循環器学会会長)に
詳しく話しを聞いてきます。

一応、手術を受けないことも考えています。
心臓の穴が大きく、既に呼吸も荒くなってきているので
1歳まではもたないと思います。
レノがいざ苦しくなった時に頼れるドクターが身近におります。
今日はレノ君の動画をアップします。
現在の呼吸、心臓の早い動きがわかります。







ニックネーム 江戸川・白猫 at 20:36| Comment(6) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

大学病院

1IMG_7146.jpg
日本大学病院 建物正面 

1IMG_7147.jpg
待合室 広い 人間の病院みたいだ

1IMG_7148.jpg
待合室から会計を見る

1IMG_7149.jpg
廊下に面してる診療室だげでざっと10部屋あった 規模が大きいです

1IMG_7154.jpg
赤と青がそれぞれ静脈と動脈 赤と青がまじりあっている
(正常ならば混ざらない) 
 
1IMG_7157.jpg
画像中央の×印2個←わかるかな? ×と×の間が穴
 
一日会社を休んで日本大学病院へ行きました。
江戸川区からは車で2時間の場所です。
気が張り詰めた一日でしたが、一番緊張してたのは猫のレノ君でした。
飼い主はなるべく、おちついておちついて・・・・・
診療内容は、レントゲン 血液検査 心電図 超音波 他いろいろ
料金は3万円弱
執刀医(U先生)と直接はなしができた

【現在】
右心室と左心室の間に5ミリの穴が開いている
(猫の心臓の大きさはウコッケイの卵位だそうです)
心臓肥大をおこし形が変化している
心臓以外は良好

【今後】
生後7ヶ月〜1歳位のうちになにかしらある(死ぬ子もいる)
心臓に近い血管の壁が肥大してくる←こうなったら手術はできない
手術受ける→成功→3ヶ月検診→6ヶ月検診→12ヶ月検診まできたらもう大丈夫
しかしどれくらい生きるかは症例数が非常に少ない為不明

【手術】
今からでも手術はできるが、体重が2キロくらいあるといい
過去に3件手術をしたが、そのうち1件は失敗(穴が2つ開いていた)
あとの2件はレノ同様に穴が1つだったので成功
犬の場合60万〜100万円(手術実績があり自信有り)だが
猫は「症例が無く手術やらせていただく」というので費用は院長と相談
1000件のうち4件は麻酔が合わずに死ぬ子がいる
人間とまったく同じ機材を使う

今、レノは生後3〜4ヶ月で体重が1725グラムです
2キロなる前に、どうするかじっくり考えます。
「情熱と行動、そしてあきらめない」 
アタイは神の手と出会いたい猫(足)







ニックネーム 江戸川・白猫 at 07:42| Comment(7) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

火曜日

1IMGP3578.jpg
↑昨日の写真です。オリバー君、そろそろ里親募集かけます。

1IMGP3547.jpg
いい子だよ〜。

1IMG_6982.jpg
レノ君 病院へ迎えにいったら母の姿を見て大喜びでした。
緊張がほどけたんでしょうね。

1IMG_6986.jpg
我が母(←レノを育てた人)の存在に安心したのか、
キャリーケースのなかで「ニャ〜ン ニャーン」と鳴き、
ケース床面でゴロゴロ甘えて寝転んでました。
レノにとっては我が母は、本当のおかあちゃんみたいなものでした。
保護猫に対して私は常に「一時預かり」と一線を引いてるので、
深い気持ちをいれないようにしています。
しかしレノにとってはロンパールームは本当の我が家でした(涙)

1IMG_6987.jpg
オリバー君 2回目の診察 

1IMG_6995.jpg
だいぶ良くなってきたと診断。飲み薬6日分もらって終わり〜。

ニックネーム 江戸川・白猫 at 08:15| Comment(2) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月28日

月曜日 脳と心臓は大学病院レベルだそうです



検査入院(一泊)しているレノ君。昨夜ドクターから連絡があり
病名が判明しました。
ドクターはご自身のお師匠様にも相談してくださいました。

「心室中隔欠損」
一言でいうと、「生まれつき心臓に穴があいてる」

正常な心臓には4つのお部屋があるんですが、
仕切りの壁に穴があいている為
2つのお部屋で心臓の機能を果たしてる状態です。
それはとても負担がかかるため、心臓肥大をおこしていると診断されました。
心室中隔欠損はその症状がひどくなる前なら、
大学病院で手術を受けることができるそうです。
あまり悩んでる時間もなさそうですが、セカンドオピニオン取り入れながら、
今後をきめようと思います。

夕方、レノ君がお家に帰ってくるよ。

のっそり寅次郎、脳になんらかの障害を持つ可能性があります。
大学病院でCTスキャンして現状を調べた後、
手術できるかどうかの判断となります。

寅次郎は毎日我が家でゴロゴロいいながら、のんびり寝て過ごしてます。
保護猫の相手もできるし、ちゃんとモデル猫の仕事も果たしてるよ猫(足)
頭が下がったままでぜんぜん歩けなかったのに、
今ではぱっと目を見開いて、よたよた走りながら玄関まであわてて
迎えにきてくれます。
一応本人にCTスキャンしてみるか聞いたら
「ボクハ、ビョウイン、イカナイヨ〜」と断られました。

寅次郎は年齢が10歳〜だと思われるので、脳の大手術などせず
このままロンパールームで静かな生活をさせてやろうと思ってます。










ニックネーム 江戸川・白猫 at 06:29| Comment(4) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)

ガツンと重い一撃をくらった月曜日。
「寅次郎、脳障害の可能性あります」これを聞いたのもずいぶん前の
月曜日だと思う。
レノ君とオコちゃん。体重が800グラムをとうに超えていました。
日曜日の里親会に備え、動物病院へつれて行きました。
健康な子であれば、「健康診断・駆虫薬投薬・ワクチン」で終わります。
しかしレノ君は、心臓の音とエコーから、肺動脈狭窄症の可能性が「大」
という診断が下されました。
診てくださった先生は心臓の専門医ではないので、
今後は専門のエコー研究チームか、大学病院を紹介してもらう段取りとなりました。(オコちゃんはいたって健康体でした。)

肺動脈狭窄症は、心臓から排出される血液が逆流し、
心臓にもどってしまう症状です。
これは突然死を引き起こすそうで、小さなレノ君はあと半年くらい生きれば
ラッキーだそうです。
(ワクチンも打てないし、去勢手術の全身麻酔などもってのほか。)
正確な診断結果を得るまでは、肺動脈狭窄症とは言い切れませんが、
いずれにせよ、レノ君の里親活動は中止です。
我が家で大切に保護していきます。
短い命(←まだ決まったわけではありませんが)、最後まで幸せいっぱいにしてやろうと思います。
毎日、もえちゃん小次郎と運動会をして楽しく過ごしてます。
ご飯もいっぱい食べてます。
猫シャンプーも3回もされちゃいました。(←ドクターは驚いてました。)
表面的にはなんら普通の仔猫とかわりないレノ君。

最後まで看取る事も、自ら「捨て猫」を引き受けた私の仕事です。
過去に何十匹も看取ってきたのから、普通の人よりか死への立会いは
慣れてます。

乳飲み子レノ君を大切に育ててくれた母には、今日の診断結果を話しました。

幼い子の病死はとても不憫ですが、肺動脈狭窄症は先天的なものなので、
できるかぎりの幸せを、充実した猫ライフを過ごさせてやろうと思っています。

卒業した保護猫達が今日まで元気に過ごしているのは、本当にラッキーな事なんだと改めて実感した月曜日でした。

(里親さん宅で亡くなった子が3匹おりますが、いづれも病気(突然死)でした。
現在、里親さん宅で病気と闘っている子がおります。)




ニックネーム 江戸川・白猫 at 21:41| Comment(6) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

レノ 僕、がんばるよ

1IMGP9641.jpg
レノ おす 2ヶ月位 
肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)
大学病院にて検査予定です。引き続きロンパールームで保護します。

1IMGP9694.jpg


1IMGP1425.jpg

1IMGP1454.jpg

1IMGP1434.jpg


1IMGP9686.jpg


1IMGP1328.jpg


1IMGP1321.jpg


1IMGP1302.jpg

1IMGP1551.jpg

ニックネーム 江戸川・白猫 at 01:12| Comment(0) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月25日

巷には仔猫がうろうろ

1IMGP0618.jpg
ジャンボ玉三郎 里親さん募集中 ロシアンブルー洋猫ミックス
おす 1歳 ワクチン済み 去勢済み 血液検査(マイナス)

グリーンEYEのハンサム君がモノマネします演劇
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・ 
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・ 
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
            ・
1IMGP0613.jpg
「1・2・3右斜め上 4・5・・・」 世界のナベアツです! 似てる??

1IMGP0674.jpg
「僕、ナベアツじゃないよ。お笑い系じゃないよぉ〜猫(泣)

猫パンチ&居間のドア開け&モノマネが特技です
人なれ抜群 先住猫OK 猫飼育初心者の方OK 犬のような存在感
ジャンボ玉三郎君へのお申し込みはコチラ

1IMGP0588.jpg
レノボーイ おす 1ヶ月半くらい 今週末から里親募集開始!

1IMGP0563.jpg
本日の新入り 138グラム 乳飲み子 育つかな???
野良の母親猫に置いて行かれた。1時間待っても母親の迎えはこず猫(泣) 
(2匹で置いていたれたうち、一匹は母親が咥えて持ってった。)

1IMGP0655.jpg
我が家の先住猫・桃太郎の心構えはいつも"前向き"

1IMGP0656.jpg
将来へのまなざしは"上向き" 

1IMGP0661.jpg
そして目的に向けてズンズン前進ニャ!
まわり道でも、夢かなわずとも、足跡それが僕の人生ニャ!
結果は所詮おまけ程度に考えてるニャ〜猫(足)  
 



ニックネーム 江戸川・白猫 at 22:11| Comment(2) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

今週もがんばりましょう! 

1IMGP9918.jpg

1IMGP9919.jpg

1IMGP9926.jpg

1IMGP9927.jpg

1IMGP9899.jpg

1IMGP9871.jpg

1IMGP9862.jpg

1IMGP9839.jpg

1IMGP9768.jpg

1IMGP9908.jpg

1IMGP9910.jpg




ニックネーム 江戸川・白猫 at 06:31| Comment(2) | 猫・心室中隔欠損 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする